IR概要

IRとはInternet Rankingの略で、KACのように期間中に出したスコアで順位を競うものです。
KACは自動集計ですが、MOLにはスコアを自動集計するような仕組みがありませんので、皆様が自分のリザルトを撮って指定のメールアドレスに送っていただく必要があります。
指定のメールアドレスはメーリスにて案内します。

2016年度よりスプレッドシートを用いて行うことにしました。その都度アドレスをメーリスにてご案内します。

IRでは、

課題曲全曲のスコアを登録することで100P
機種別1位になることで100P
総合3位で100P
総合準優勝することで200P
総合優勝することで500P


のポイントが貰えます。
更に、総合4位以下の方から抽選で1名総合優勝の1名には賞品が贈呈されます。
秋のIRでは、貢献スコア(後述)が75.00以上かつ勝利チームに所属して居た方には報酬があります。

つまり、部費が1000円なのでIRで毎回全機種提出して、1回でも機種別1位になれば部費が実質半額戻ってくる、2回優勝すれば部費が実質全額戻ってくる、という仕組みになります。

以下、目次です。

・IRの種類
・IR開催の流れ
・参加方法
・スコアのルール
・スコア計算



IRの種類

MOLではIRを年に4回開催します。
開催時期と開催形式は以下の通りです。

春のIR(5月開催)
対象機種はIR対象機種全機種
前半4機種、後半4機種でそれぞれ共通する課題曲を1曲

夏のIR(8月開催)
対象機種はランダムで選ばれた5機種
前半2機種、後半3機種に分け開催、課題曲は各機種2曲ずつ

秋のIR(11月開催)
対象機種はランダムで選ばれた5機種
前半2機種、後半3機種に分け開催、課題曲は各機種2曲ずつ
文理対抗戦も兼ねる、スコア計算方法が他とは少し異なる

冬のIR(2月開催)
対象機種はランダムで選ばれた5機種
前半2機種、後半3機種に分け開催、課題曲は各機種2曲ずつ


IR開催の流れ

開催までの流れは以下の通りです。

ランダムで機種決定
課題曲投票
幹部会による課題曲候補絞込み
課題曲決選投票
課題曲決定

開催日程、機種の前半後半の振り分けの方は幹部会で行っています。



機種は以下のように分けています。

弐寺、ポップン → 1機種
指、リフレク、ボルテ → 2機種
DDR、ギター、ドラム → 1機種
ビースト、MUSECA → 1機種(2016年度夏IRより追加)

このやり方で機種をランダムで選出し、5機種が決定する仕組みです。
春のIRでは対象機種が全機種のため、このやり方によって選出された機種を前半の開催機種とします。

春以外のIRの課題曲は各機種易しめなもの1曲、難しめなもの1曲で計2曲の構成となります。
幹部会による課題曲候補絞込みでは皆様からいただいた候補を各機種8曲(易しめ4曲、難しめ4曲)に絞り込む形になります。
課題曲決選投票ではこの4曲から1曲に絞るための投票となります。

各IRは前半、後半に分けて開催され、それぞれ1週間程度の開催期間となります。



IRが終了すると打ち上げを行います。
結果発表をこの場で行い、賞品の贈呈もここで行います。

打ち上げ終了後にWikiでIRの結果発表を更新するという流れです。

参加方法

特に変わった操作は必要ありません。
スコアのリザルトを指定のメールアドレスに送っていただいた時点で参加登録が完了します。
→スプレッドシートのエントリーシートに名前とスコアを書き込んだ時点に変更(2016年度より)

}指定のメールアドレスにリザルトを送ったら参加
指定のメールアドレスにリザルトを送らなかったら不参加

ということです。
成長率の算出を希望する方は、IR期間が始まる前の自己ベストのリザルトまたは公式サイトのスクリーンショットを指定のメールアドレスに送っていただきます。
別に成長率はいいや、と言う方は期間中に出た一番高いスコアのリザルトだけを送っていただければ大丈夫です。

秋のIRでは、インカレの方は文系チームか理系チームのどちらに所属するか選んでいただきます。
明大生の方は所属するキャンパスによって

文系チーム:駿河台、和泉、中野(国際日本学部)
理系チーム:生田、中野(総合数理学部)

のようにチームが自動的に振り分けられます。

スコアのルール

IRでは100.00を最高点とするIRスコアとIR期間中にどれだけ伸びたかを示す成長率が算出されます。
IRスコアの計算方法に関しては、下記のスコア計算の欄をご覧下さい。

成長率は(IR期間中の最高記録のIRスコア)-(IR期間前の自己ベストのIRスコア)で算出します。
IR期間中の最高記録の証拠を残すために、皆様にはお手数をかけますがリザルトの撮影をお願いします。
IR期間前の自己ベストについてはゲーム内のリザルトや公式ページのスクリーンショットなどの送信をお願いします。

秋のIRの文理対抗戦に関しては、(チームの合計スコア)÷(チームの人数)で比較してスコアが高いチームの勝利となります。
人数が多いほど有利というわけではありません。

※期間前スコアの注意
IR期間前のスコアが0だったり初見のときのスコアであると成長率が著しく大きくなり不公平です。
そのため、IR期間前にある課題曲の通算プレー回数が2回以下であった場合は、その課題曲は最低3回はプレーしていただきます。
その3回の中の自己ベストをIR期間前の自己ベストとして登録することが出来ます。

異常に高い成長率の値が出てしまうと困りますので、それを防止するための措置です。
お手数ですが、プレー回数2回以下の記録を期間前スコアとして送信しないようにお願いします。

秋のIRにおいての計算方法

秋のIRでは貢献スコアというものを使って個人の順位およびチームの順位を決定します。
貢献スコアは以下の計算式で算出します。

個人の平均スコア(合計スコア÷プレー曲数)×係数

係数は、以下の計算式です。

1 - 0.05 × (8 - プレー曲数)


例えば、jubeatの課題曲のみプレーし、そのIRスコアが100.00と98.00だった人の貢献スコアは以下のようになります。

個人の平均スコア = 198.00 ÷ 2 = 99.00
係数 = 1 - 0.05 × (8 - 2) = 0.7
貢献スコア = 99.00 × 0.7 = 69.30


プレーした課題曲数が多い方がスコアが高いという性質を保ちつつ、プレーした曲数が少ないながらも高い点数を出した人も評価される方法になっています。



スコア計算

IRでのスコアは全て満点が100.00となるよう換算してあります。
基本的に課題曲の最高難易度(jubeatのEXTREMEやbeatmania IIDXのANOTHERなど)で競っていただきますが、その曲が難し過ぎて満足に得点が出せないことがあります。

そういう場合は、下位の難易度のスコアで競うことが出来ます。
このときに、下位の難易度で登録したスコアを低く調整するために係数を用います。
各機種のスコア計算式は以下の通りです。
難易度の扱いについても記載しています。

各機種のスコア計算方法




IRを通じて皆様がより音ゲーを楽しめるように願っております。

  • 最終更新:2017-03-21 12:40:57

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード